文字のサイズ 文字のサイズ:拡大文字のサイズ:縮小文字のサイズ:標準
ここから本文です

ミニ情報通信

平成28年度第1回常務理事会(ブロック長会議)が開催されました。

 去る10月24日(月)午後、東京銀座の中小企業会館において、標記会議が開催されました。
 当日は、最初に栗原会長から開会のあいさつがあった後、加藤副会長の進行により、全重協の魅力の在り方と全重協の財政状況という2つのテーマについて、各ブロックの状況も踏まえながら活発な意見交換が行われました。
 このうち、全重協の魅力の在り方については、ブロック会議の内容の充実等当面の取組に加えて、障害者雇用について勉強したいという会員事業所の強いニーズを踏まえ、かつて総会のときに実施していた分科会等を復活することについて最優先で検討することになりました。
 また、全重協の財政状況については、ここ数年続いている収入と支出のアンバランスを改善するため、会費や基本財産の在り方について引き続き検討することになりました。